京大卒・元Vリーガーのバレーボールつぶやき

Vリーグで4年間バレーボールしていました(東京ヴェルディ・千葉ゼルバ). 1987年生まれの194センチで、大学は工学部で土木が専門でした。 得意なプレーはブロックで、V3でブロック賞の受賞経験ありです。 社会人になった当初はクラブチームでバレーしていました。 バレーボールを中心に思ったことつぶやきます。

スポンサーリンク

Vリーグ・小さな巨人たち

スポンサーリンク

 

バレーボールはネットがあって、その上から攻撃するという競技の性質上、高さ=身長が必要になってくる競技であることは言うまでもありません。

(高ささえあればよいというわけでも勿論ありません)

 

そんな中で決して身長が高くないもののVリーグでスパイカーとして活躍する選手たちを紹介します。

 

まさに漫画「ハイキュー」で話題になった小さな巨人ですね。

  

 

f:id:a0033004:20191204003718j:plain

田中 ヴィアティン三重#1

175cmながらヴィアティンのキャプテンを務める。

サーブレシーブはリベロと2人で行うぐらい自信あり。

サーブも良し、ストレートスパイクの達人。

田中 一彰 | ヴィアティン三重 | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

中村 ヴィアティン三重#19

178cmながらチームのエース。

クロススパイクは天下一品。思ったよりもクロスに打ってくるため止めづらい。

バックアタックもお手の物。

中村 有登 | ヴィアティン三重 | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

諏訪 ヴィアティン三重#39

179cmで最高到達点は340cmというメータージャンパー。

それだけ飛ぶというのはどんな気分なのか味わってみたい。

諏訪 晃大 | ヴィアティン三重 | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

渕江 トヨタ自動車サンホークス#2

安定したサーブレシーブと速いトスを打ち切る。

今シーズンは途中出場が多いが、難しい途中出場をきっちりこなす。

渕江 陵友 | トヨタ自動車サンホークス | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

笠原 埼玉アザレア#7

179cmながらミドルブロッカーとして試合に出場している。

身長を感じさせないクイックを放つ。

笠原 啓太 | 埼玉アザレア | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

増田 東京ヴェルディ#24

長崎出身の元気印。

今季から副将をつとめ、チームを引っ張る。

増田 純平 | 東京ヴェルディ | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

松本 トヨタモビリティ東京スパークル#16

トヨモを長年支えるベテラン。

決定力はそこまで高くないものの繋ぎやレシーブで欠かせない存在。

松本 敬三 | トヨタモビリティ東京スパークル | 男子 | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

最後に

紹介した選手以外にもVリーグで活躍する選手がいます。

そんな選手の頑張りを是非現地でご覧ください。

 

また、まだ学生のみなさん、身長を理由にVリーグを諦めるのは早いです。

みんな未来のVリーガーになる可能性を秘めています。

是非どのようなプレーをすれば生き残れるのかを観に行ってみてください。